眼瞼下垂の治療を行ない悩みを解決しよう|もう周りの目を気にしない

治しましょう

レディー

目の下のクマをクリニックで治す場合には、必ずクマ治療の実績や経験があり、治療を得意としている医師がいるところを選ぶようにしましょう。また、評判が良くても複数のクリニックを比較してから一つに決めることも忘れてはいけません。

詳しくはこちら

筋肉を弱める注射

注射

ボトックス注射は切らないでしわ取りができる注射式のプチ整形です。ボツリヌス菌の働きにより、筋肉の働きが弱まってしわができにくくなります。小顔になるエラボトックス、美脚になるふくらはぎボトックスなどもあります。

詳しくはこちら

理想のまぶたを手に入れる

目

二重まぶた整形手術を受ける際は健康保険が適用されない可能性が高いということを頭に入れておかなければなりません。料金や施術に不安がある場合はインターネットで調べたり、病院利用者に話を聞くといった工夫をすると良いです。

詳しくはこちら

費用などが変わってくる

フェイス

見た目をきれいにするなら

眼瞼下垂は、重度になれば保険が適用されて安い費用で手術を行うことが可能になります。ただし、あくまでも治療が目的ですのできれいな見た目になるとは限りません。費用をかけても問題ないのであれば、自由診療で眼瞼下垂の整形を受けてみるとよいです。保険が適用される方法といえば、切る手段しかありませんが、自由診療になれば切らずに眼瞼下垂を改善する方法も存在しています。眼瞼下垂になっていると、見た目の印象も悪くなりがちですし肩こりなどの症状にもなりやすくなるので、できるだけ早めにみてもらうことが必要です。費用を安くしたいならば、保険が適用される手段を利用したほうがいいです。しかし、見た目も改善したいのであれば、様々な手段が選べる方法を活用すればいいといえます。

しっかりと判断する

切る方法であれば、術後に腫れることもありますが二週間程度で改善することが多いです。切らない方法も存在していますが、永続的な効果を期待する人が増えていくはずですので、切る方法が増えていく可能性が高いです。眼瞼下垂は、放置しておいて改善するものではありません。もちろん、切らない方法も進歩していくこともあり得ますが、現段階では切る方法が効果的とされています。どちらの方法がいいかは、今後もしっかりと医師に相談してから決めることが必要といえます。どの程度の眼瞼下垂かによっても、必要な手段は変わっていきます。状態を見て適切に判断してくれる医師が重要ですので、病院を選ぶことがこれからも必須です。よほどのものでもない限りは、眼瞼下垂をすぐに治療しなければいけないことはありません。多くのことを考慮してから、決めていけば問題ないです。